出生前診断についてご紹介します

出生前診断は出産への心構えができるのもメリット

出生前診断は出産への心構えができるのもメリット 出生前診断をすることで、出産に対する心構えができるというメリットがあります。
妊娠中の母親は、様々なプレッシャーに苛まれます。
とくに生まれてくる子供の健康のことを心配する人が多く、あまりにも心配し過ぎて鬱のような状態になる人も少なくありません。
初めての出産だと他にも母親になることへの不安や、出産の肉体的苦痛への恐怖などいろいろな悩みがのしかかってきます。
出生前診断を受けて、生まれてくる赤ちゃんに異常がないということが分かれば、かなり精神的に楽になり出産への心構えも出来てくるでしょう。
出生前診断では悪い結果が出ることもありますが、その場合でも事前に子供の状態を知ることが出来て良かったと前向きに考え、心を整理していくことができます。
産まないという選択もありますが、何があろうと産むと決めて、出産までに色々と準備をしていくことができるようになるでしょう。
例えば、胎児がダウン症だとわかったら、ダウン症に関して勉強をして事前に準備などができます。

出生前診断のメリットと安全性について知っていますか

出生前診断のメリットと安全性について知っていますか 妊娠したけれど、お腹の中の赤ちゃんがどんな状態なのかが気になりませんか。
先天性の病気を持っていないのかが気になっている妊婦さんはたくさんいます。
特に、自分や親族の中に先天性の病気を持っている人がいるのならば尚更気になるはずです。
出生前診断を受けるメリットは出産前に、胎児が先天性の病気を持っているかどうかがわかることです。
染色体を調べて、染色体異常があるかないかを調べられます。
どの染色体に異常があるのかによって、重篤な症状になることもありますし、逆に症状が軽い場合もあります。
気になることは、出生前診断が安全なのかではありませんか。
非確定検査の場合はエコーや採血などで調べることができますので、リスクの心配はありません。
しかし、非確定検査で陽性と判定された場合は確定診断を受けます。
こちらは、羊水や絨毛を採取して検査するためにリスクが高いです。
まれに流産や赤ちゃんが亡くなることがありますし、母体障害などの可能性もあります。

新着情報

◎2020/12/23

検査結果はどのくらいででる?
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

リスクはわずかながらある
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

メリットとデメリットを比較
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「診断 妊娠」
に関連するツイート
Twitter

ちなみに、当地域、 COVID-19と診断されていれば、 生後3ヶ月以内で、 38度以上の発熱でも全身状態がよければ自宅療養。 このときの母が妊娠中にワクチンを接種しているときの安心感ったらない。

妊娠8ヶ月目にして切迫早産と診断され、 約2ヶ月位入院になってしまいました🥲🌀 赤ちゃんを迎える準備物凄く楽しみにしてたのに…😔⚡︎ なので入院中暇してるのでこれから懸賞に 力入れます😂🙌笑 皆さまよろしくお願いします🥹🌼 。

やっぱり辛かったんだな、と。 私にとって“高齢妊娠”という事実のせいで、妊娠中期に無事にたどり着くまでに待ち受けている幾つもの壁を、一つ一つ途方もなく大きく感じてしまうことが多くて、何となく、出生前診断“陰性”まで無事にたどり着くことが、先ず一つの通過点だと思ってた。

11週のときにNT肥厚を指摘され総合病院へ転院。他のクリニックでも絨毛検査等様々な検査を行い、最終的に胎児はタナトフォリック骨異形成症と診断された。 妊娠が分かったときから今回は嬉しさよりも不安が大きいと何故か感じていて、浮腫を指摘されたときも割と冷静だった自分を思い出した。

1人目を妊娠中に出生前診断をするか相談したら「僕はしないに一票かな。生まれてからも事故や病気になることあるし、今お腹にいて元気に成長してることは奇跡だからそれを信じよう。」と言った彼は素敵だった。夫にもいいところあるんだよ。二次障害起こしてて難儀だけど根はいい人だって知ってるよ🌷