メリットとデメリットを比較

メリットとデメリットを比較

メリットとデメリットを比較 出生前診断を行うメリットとしては、赤ちゃんの状態が事前に分かることが挙げられます。
妊娠中は赤ちゃんが健康に産まれるかどうか不安になる妊婦も多く、人によってはマタニティブルーや妊娠うつなどを発症してしまうことがあります。
出生前診断を受けることで赤ちゃんの病気の可能性を否定することができれば、不安から解放されて心にゆとりをもって出産まで毎日を過ごすことができます。
その一方で、デメリットとしては出生前診断で陽性という結果になってしまった場合、より精神的なストレスが多くなってしまうことが挙げられます。
妊婦の過度なストレスは母体と赤ちゃんの双方に悪影響を与えてしまうため、切迫早産や最悪の場合は流産してしまうこともあります。
また、今後のことを考えて妊娠中絶を選択する親が出てくる可能性もあるなど、出生前診断が安易な「命の選別」につながってしまうこともあるため、診断を受ける場合はパートナーとしっかり話し合うことが大切です。

出生前診断のデメリットは精神的なショックを受ける可能性があること

出生前診断のデメリットは精神的なショックを受ける可能性があること 出生前診断は非常に便利な検査として有名ですが、これを利用したいのであればデメリットを知っておく必要があります。
検査を行うことによって赤ちゃんの状態が分かりますが、万が一、先天性疾患があることを示す陽性反応が出た場合は精神的なショックを受けることになるでしょう。
念のためにという気持ちで行った検査で病気が判明したことのショック、中絶するかどうかの決断を迫られるという心理的な負担がかかります。
自分自身では中絶を選ぶかどうかを決めていたとしても、パートナーや家族と意見が衝突して悩むことになる可能性もあるでしょう。
もしも、どのような疾患があっても産むと決めているのであれば、事前に疾患があると判明することで沈んだ気持ちで妊娠期間を過ごすことになる可能性もあります。
出生前診断を行うと赤ちゃんの状態を知ることができますが、精神的なショックを受けるかもしれないというデメリットがあることも知っておきましょう。

新着情報

◎2020/12/23

検査結果はどのくらいででる?
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

リスクはわずかながらある
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

メリットとデメリットを比較
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「診断 中絶」
に関連するツイート
Twitter

日本のデータで明らかです。また掻把法は中絶だけでなく子宮体癌の診断や胎盤遺残や薬では不可能な10週以上の中絶等産婦人科に必要な基本技術です。中絶には掻把法がややリスクが高い(安全に行えはリスクは低いですが)だけで掻把法そのものが悪ではありません。→

返信先:他1人ご意見ありがとうございます。 私も基本無計画に産んでおいて養護施設に預けりゃいいじゃんって考え方には賛同しかねます。 意図としては、アメリカなどでは出生前診断でダウン症と診断を受けてもダウン症専門の里親システムがあるので中絶しない人が日本より多いという価値観をベースに ↓

幼少期から性被害に遭い、学歴第一の機能不全家族と暮らし発達障害の為か勉強が捗らず苦手の英語を修得したくて留学資金を貯めたいと短大中退しヘルスに2ヶ月ほど働き薬物に。PTSD解離性障害、摂食、自傷等併発。フラッシュバックが辛い。中絶経験4度。最近の診断にて薬が変わりだいぶ復活。ギャン妻。

染色体異常で着床できない可能性や流産の確率が高い受精卵を調べることができるため、流産を予防したり、体外受精の妊娠率を上昇させたりすることができます。 また、着床後の出生前診断の結果行われる中絶手術を回避することができます。 (続く)

技術の進歩によって局面が変わったところもあるかも。出生前診断と妊娠中絶の問題もあります。最近、思うのですが、馬鹿とか悪いと決めつけると問題を単純化し、思考停止になるように思います。